おたよりinformation

保健だより 1月

お正月休み期間は、つい遊びに夢中になり夜遅くまで起きていたり、大人と同じ時間に寝起きをしてしまうなど生活リズムが乱れがちです。

生活のリズムが崩れると、子ども達にはどのような影響があるのでしょうか?

!自律神経の乱れ!

生活リズムが乱れると、自律神経も乱れてしまいます。自律神経のバランスが崩れる事により、体調が悪化する事があります。

!成長にも大きな影響が!

お休みが終わっても寝不足が続くと子どもの成長にも大きな影響を及ぼします。骨や身体の成長を促すホルモンは、夜間寝ている時に分泌されているため、睡眠時間が減ったり就寝時間が遅くなるとホルモンの分泌量も減ってしまいます。お子様が健やかに成長できるよう、普段から正しい生活習慣を身につけ、睡眠は充分に摂るようにしましょう。

☆1~3歳頃の必要睡眠時間の目安は、昼寝を含めて

1214時間です。