おたよりinformation

「給食だより」2021年3月

今年度も最後の月となりました。今年度は4月から落ち着かない日々を沢山過ごしたかと思います。しかし、こんな状況でも子ども達が立派に成長していく姿を見るととても嬉しく思います。保育園での給食やおやつの時間をお友達や先生と一緒に過ごした思い出がみんなの大きな成長へと繋がるひとつになれば良いと思います。一年間本当にありがとうございました。

一年の食事を振り返ろう

この1年間でどのくらいの食材を食べたでしょうか?春は菜の花・そら豆、夏はとうもろこし・トマト、秋はさつま芋・栗、冬は白菜・かぶなど挙げきれないくらい沢山ありますね。給食でも旬の食材を知ってもらうため様々な食材を使って作っています。ご家庭でも1年間の食事について食事のマナーなどとも一緒に振り返ってみるのはいかがでしょうか?

お片付けできるかな?

食器を片づける習慣は、子どもが成長する過程で家族や周囲の人を手本にしながら自然に身につくものです。始めは「おいしかったね。ごちそうさま」と声をかけながら持ちやすい食器を一つ渡して運ばせることから始めてみましょう。自分から片付けられるようになってきたら見守りながらも「一緒にお片づけしようか」などと子どもに寄り添いながらやる気を育てていきましょう。

旬の食材「いちご」

新しい品種が次々に登場し、人気の高い、いちごは、ビタミンCが豊富に含まれています。ヘタをとってから水洗いするとビタミンC まで流れてしまうので、ヘタはついたままで洗いましょう。寒い時期からハウス栽培のものが出回りますが、露地ものの旬は春の後半です。この時季のいちごは甘みが強く、果肉もしっかりしています。

ひなまつり

3月日はひなまつりです。「桃の節句」とも呼ばれ、ひな人形をかざり、 桃の花、白酒、菱餅、などを供えお祝いします。菱餅の色の順は、下から緑・白・桃色の3色。緑色は「健康や長寿」、白色は「清浄」、桃色は「魔除け」を意味するといわれています。また、緑色は新緑、白色は雪、桃色は桃の花をイメージしていて、雪の下から緑が芽吹き、桃の花が咲いているという春の情景を表しているとも言われています。この3色のものを食べることで自然のエネルギーを授かり、健やかに成長できる意味があるそうです。

♪おすすめレシピ♪ 苺のムース

<材料>約4個分

・いちご・・・200g  ・生クリーム・・・00g  ・砂糖・・・60

・粉ゼラチン・・・8g  ・水・・・40g

<作り方>

①苺は洗ってヘタを取り、飾り用に4粒取ります。粉ゼラチンは水を入れてふやかしレンジで少しずつ温めて溶かしておきます。(2~30秒目安)

②苺、砂糖、生クリームを順にミキサーにかけよく混ぜ合わせる。溶かしたゼラチンを加えたら均一になるまで混ぜます。器に流し入れたら固まるまで冷蔵庫で冷やします。

③冷え固まったら飾り用の苺を半分に切って飾ります。